沿革

1965. 李淵河が「三星五金工廠股有限公司」を設立。当初は蝶番を生産。
1968. 台湾で初めて自社製ナットホーマーの開発に成功、ナット生産を開始
1974. 日本企業に特許技術の権利付与。
1975. 商品検験局品質管理甲級工場の認証を取得。
1976. 経済部中央標準局「正」規格(日本のJIS規格に相当)の認証を取得。
1992. 米国で「三星」商標を登録。
  業界に先駆けて英国SGSの審査に合格、ISO 9002認証を取得。
1993. 経済部中央標準局のCLNA測定試験所認証を取得。
1996. 再び業界に先駆けてQS-9000認証を取得。
1997. NVLAP(米国国家自主試験所認定プログラム)がFQA(米国ファスナー品質法)に要求する測定試験所認証を取得。
  ISO 14001環境マネジメントシステム認証を取得。
1998. 株式店頭公開、取引が開始される。
  米国テキストロングループ傘下テキストロン・ファスニング・システムズと業務提携契約締結、合弁工場で高級ネジ(ボルト)・リベット等ファスナー製品を生産開始。
  欧州の有名ファスナー製品グループNedschroef Herentals N.V.と契約締結、同社の特許技術のライセンスを得てファスナー製品鍛造成形機を製造。
1999. 航空宇宙産業用規格AS 9000品質マネジメントシステム認証を取得。
2002. 米国Maclean Fogg社と戦略的提携締結。
  OHSAS 18001労働安全マネジメントシステム認証を取得。
  月,「三星五金工廠股有限公司」(英語名「SAN SHING HARDWARE WORKS CO.,LTD.」)から「三星科技股有限公司」(同「SAN SHING FASTECH CORP.」)に社名変更。
2004. ISO/TS 16949品質マネジメントシステム認証を取得。
2006.

米国テキストロングループ傘下テキストロン・ファスニング・システムズとの合弁関係解消。ネジ・ボルト等製品の自主生産と欧米自動車メーカー各社に対する提供を開始。

  AS 9100品質マネジメントシステム認証を取得。
2013.

マレーシアのねじ専門製造工場ACKU METAL INDUSTRIES(M) SDN.BHD. 57.9%の株を取り。ねじ産業を増やし、東南アジア市場への伸び、会社の運営を更に拡大しています。

2015. 新設金型とボルト工場を稼働。

TOP