投資人の相関目標の政策

投資者の部門に関係する主要な職責は会社と投資者の関係を繋ぐことです。そのため、全ての仕事と活動は投資者の需要を満たすことを最高の指導原則にするべきです。 投資者の関係政策はスポークスマンの制度、マイナス面の情報の処理のモード、投資者の意見のフィードバックと処理構造、理事会と投資者関係部門との繋ぐことや財務及び非財務の情報の掲載の方式を含んでいる。

会社組織

内部監査組織

1, 監査部門組織:
  1. 監査室は直接董事会に対して責任を負う。
  2. 適切に配置された専属の内部監査担当者が独立してその職権を行使する。
  3. 内部監査責任者は董事会が任免する。

2,監査部門の運用
  1. 目的 :
  2. 董事会および経営者による内部統制システムの不備の検査および認証ならびに運営の効果および効率の評価に協力し、適時改善の助言を行い、内部統制システムを継続的効果的に実施し、内部統制システムの見直しの検討の依拠とする。

  3. 内容 :
  4. (1)内部監査業務には内部統制システムの妥当性および有効性ならびに運営の効果の検査および評価を含み、かつ、当社の各部署および所属部局を含む。
    (2) 監査担当者の監査業務は定期監査および臨時監査に区分し、これらに基づき、会社の内部統制システムを検査し、ワークシートおよび関連資料を添付して監査報告を作成する。
      (A) 年度監査計画は法令および監査部門のマンパワーの状況を考慮し、「内部監査実施細則」の業務周期に基づいて策定し、監査担当者が計画に従い実施する。
      (B) 臨時監査:会社の最高責任者またはその代理人の指示により実施する。

  5. 監査業務には会社のあらゆる活動を含み、これは通常、営業循環、非営業循環(管理項目)、情報システムの3種類の業務に区分される。
   IR情報
会社組織
コーポレートガバナンス

TOP